北野作品に登場する女性は、ある種オーソドックスな日本的な女性像であることも大きな特徴となっていますが、それでも北野独特の演出により、美しい映像美の中で冴え渡る遊びが存在することから、そこには悲しみがあり、喜びも葛藤も含めて、一つの美学に終始する事が分かります。… Read More


北野武は「TAKESHIS’」によって、観客を混乱させながらも、貫禄を見せ付け、北野映画のスケール感はぐっと広がりました。暴力と次元的な風がこの作品から漂い、「わからない」=「知りたい」という欲求を人々の脳髄に発生させると言う新たな世界観が誕生しました。… Read More


「DOLLS」の美というのは、内面的な美が主体となっているため、山本耀司の奇抜な衣装に合わせて、北野武は抽象的な枠組みを設定して、元々あった脚本のカラーを塗り替えると言う大幅な変更を余儀なくされましたが、発想の転換によって、独自色に塗り替える事に成功しました。… Read More