北野武はヨーロッパや中東を圧制するも、ジョン・ウーのようなアメリカンテイストに肩入れする事なく今日までその地位を築き上げてきましたから、マニア路線を走り続けていては、アメリカへの本格的な進出は困難になることから、今後どの方向を目指すのか注目されています。… Read More


北野は、徹底してスピード感のある斬り芸を見せ付けただけでなく、観客の目線に立って、タップをシーンに盛り込むなどの工夫を凝らし、従来とは真逆の遊び感覚を軸にコマを連動させていきました。服部源之助との海での一騎打ちの際の市の切り返しこそ、独自性に満ちていました。… Read More


北野の演出方法の中でも、見落としがちなのが微妙なタイムラグによって、人間の心の葛藤が繊細なまでに表現されているところです。それらの技法が生きるか死ぬかの壮絶な場面に巧く生かされている点において、暴力は狂気と死へ、愛は痛みと失望というイメージに取って代わります。… Read More