「みんな~やってるか!」があと20分短縮されていたら、最高の出来と賞賛されていたことは間違いありませんが、ムラが生じてしまった事は否めないと、諦めムードが漂う1995年末、北野武は次回作「キッズリターン」の構想をまとめていました。この頃から日本のマスコミは、徐々に北野武の映画熱に感化され、第1回監督作品「その男凶暴につき」から「みんな~やってるか!」に至るまでの5作品が再評価されるという気運に満たされていました。

しかし「キッズリターン」は、その5作品とは大きく異なり、下降路線を一気に下るのではなく、上昇すると言う新たな試みでもあった為、「キッズリターン」の試写が始まるまでは、関係者も評論家の顔色を気にしながら、経過を見守る以外に成す術はありませんでした。その後カンヌ国際映画祭に出品された時も、これまでの自傷的な主人公に取って代わり、青春群像を映像化するという形体だったので、誰にも評価の行く末を案じる事はできませんでした。結果は絶賛されて、北野の元には海外メディアが押しかけ、世界中に映画監督北野武の名と共に「キッズリターン」は、地球の裏を駆け巡りました。

本当に評価が高いのか気になる方は、一度イタリアなどに行ってみて実際に見てみるといいでしょう!お金が無い方はキャッシング会社を利用するのも手です。フリーターだから審査に通らないと心配の方にはこんな情報があります。

審査が通るのは会社員でなければ難しいと思われがちですが、実際は広告などで宣伝している通りアルバイトやパートでもOKというところもかなりあります。キャッシング会社もお客さんを獲得しなくては企業として成り立たないのですから、仕事によって審査しないというわけにはいかないのです。

引用元:審査に通るか不安なら審査なしのこのキャッシング

フリーターの方は参考になさってください。

北野の演出方法の中でも、見落としがちなのが微妙なタイムラグによって、人間の心の葛藤が繊細なまでに表現されているところです。それらの技法が生きるか死ぬかの壮絶な場面に巧く生かされている点において、暴力は狂気と死へ、愛は痛みと失望へと変化し、「その男凶暴につき」で、子どもが野球で使っていた金属バットが数分後に殺しの材料へ変化する様は、恐怖を覚える反面、その思考的なアイデアに驚かされます。そして金属バットで刑事の頭を殴って重症を負わせた犯人は、北野武演じる我妻がどこまでも追いかけていくわけですが、7分間ずっと追いかけるシーンを我妻目線で捕らえていきます。刑事我妻をクローズアップしつつも、冷めた目線というものが存在し、最終的に我妻が犯人を車で撥ねるという暴挙にまで発展する訳ですが、「キッズリターン」の主人公の青年たちも、究極のテンションから急にフェイドアウトしてゆく様は、フォークボールのような意外性と緊張感に包まれています。

北野武の暴力表現と空間表現は「TAKESHIS’」以降次元的なゆすぶりによって、解読不可能とまで言わしめられましたが、結局のところ愛を具体的な説明を用いて具現化する事はなく、北野武は一辺倒に目標物を仕留めるチーターのごとく、狂気によって映像のイメージを瞬時に観客に浴びせかけるという一つの技は、いまだ健在です。

それらの技はまず「座頭市」のようなアクションと暴力の狭間でも展開され、血しぶきを全てCGで演出すると言う画期的な戦略を実行して、引き締まった画面構成を実現させていますし、時代劇にタップダンスを盛り込むという斬新なアイデアが光りました。そしてそのままヒット作品を世に出すことはせずに、全く違った世界観を世間に見せ付けたため、今後も北野ワールドの発展には目が放せません。