男の世界、男の葛藤、男のドラマは北野映画の代名詞のようなものですが、そこには必ず北野武の女性に対する想いが反映されていて、ただただ男性に寄り添い、質素で純粋な眼差しを男性に向けている女性が存在します。「3-4X10月」の石田ゆり子、「ソナチネ」の国舞亜矢、「監督ばんざい」の内田有紀など、美しい女性たちが映画にアクセントを与えていますが、「HANA-BI」に出演した岸本加代子は、全くと言っていいほど台詞が無く、最後に「ありがとう、ごめんね」と言って北野演じる西と共に拳銃自殺します。

ようするに男を誘惑に導くだとか、たぶらかす、上から目線で男性を性的に拘束するなどの色気一辺倒で固められるイメージは決して描かれる事はありません。「その男凶暴につき」の川上麻衣子は、精神病患者といういわゆる弱者として描かれ、心が弱すぎて麻薬に溺れていき兄の我妻に射殺されるというクレイジーな結末を迎えるわけですが、精神的な弱さというのは、実に男目線から見ると大切にしなければいけない存在として、シンボル化していきます。

岸本加代子は北野組の常連になりましたが、「HANA-BI」では心身共に病に冒されるという「その男凶暴につき」との類似性が見られますし、「菊次郎の夏」では母親的な菊次郎の妻を演じますが、これは一種の北野武の女性に対する理想像が反映されていると言えます。それらの概念が強く投影されたのが、「DOLLS」における3通りの女性像です。北野武が妻と芸人の道を二人三脚で歩んでいた、不甲斐ない時代の姿は、菅野美穂と西嶋秀俊の浮浪者へと変わり、山本耀司の美しい衣装によって美形化されました。松原智恵子は、これ以上ないほどのうぶな瞳で男性を想い、深田恭子は愚かとも言える男性の自己犠牲的な側面に愛を注ぐと言う北野武の強烈な女性に対する自己概念をぶつけた作品となりました。

「あの夏、いちばん静かな海」では更にシニカルな面を持った女性が登場しますが、ここでは耳が聞こえないという設定のため、台詞はゼロです。そういう中にあっても、微妙な女性心理と言うものを浮き彫りにし、ここでも女性の中の純愛を基盤に置いているため、サーファーの恋人が波にさらわれた後の悲しい余韻が、女性を演じた大島弘子の後姿へと全ての映像が導かれていきます。

北野作品に登場する女性は、ある種オーソドックスな日本的な女性像であることも大きな特徴となっていますが、それでも北野独特の演出により、美しい映像美の中で冴え渡る遊びが存在することから、そこには悲しみがあり、喜びも葛藤も含めて、一つの美学に終始する事が分かります。ただ理想の女性像として描かれるマドンナ的キャラクターは、北野武の実生活に基づくものが多く、北野本人のビジョンとも相まって、結果的に美を追求すると言う形に終始していますが、女性の存在意義や秩序的な行動の裏には、北野本人の人生との融合性が垣間見られます。